年金がアッという間にわかる本―平成16年6月に改正され、平成17年4月施行分を盛り込んだ最新版

年金がアッという間にわかる本―平成16年6月に改正され、平成17年4月施行分を盛り込んだ最新版
真島 伸一郎

定価: ¥ 1,785
販売価格:
人気ランキング: 181412位
おすすめ度:
発売日: 2004-08
発売元: 住宅新報社
発送可能時期:


概要の理解に
~社労士の試験対策で読みました。最初は受験用のテキストのみで進めてましたが、年金というとまだ自分をあてはめて考えるには遠く、全くイメージがつかめず大変理解に苦しみました。本書は、年金制度の概要を理解するのにとても良いと思います。筆者の真島先生の長いご経験に基づく解りやすい解説とかっこ書きの先生のご意見が大変にインパクトがありまして、~~忘れられない記憶となること必須です。評価は、本書のみで目的(受験対策)が達成できたかという点で星3つです。ただし、手持ちのテキストのアシストとしてなら問題なく星5つ。~

歴史小説のような本
この本は、受験参考書というより小説といった感じだ。例えるなら、学生の頃受験で歴史をあんなに勉強したのに記憶に残っていないが、大人になって歴史小説を読んだら、自然に年号や人物、できごとなんかをいつまでも覚えているなんてことはよくある。
この本を読み終えた時、社労士の受験勉強で一番難しかった、年金関係の経過措置が体系的に理解できた。頭の中で散らかっていた引き出しの整理整頓ができて、他のものが入れられるスペースが広がった感じだ。
ただ、タイトルのとおり「アッという間にわかる」には、最低3回の熟読が必要だと思う。

受験生だけに読ませるのは勿体無い・・・のだが
年金科目に悩む社労士受験生のバイブルとしてつとに有名。社労士受験生向けに書かれているだけあって、解説が丁寧なのは勿論だが、「憶えるべきポイント」が上手く系統化されているのは流石。試験合格後も法改事項を追うのに重宝する一冊だが、今回の8訂版では「平成16年改正を盛り込んだ」とあるものの、本文に反映されているのは平成17年4月施行分までであとは見開き2ページに箇条書きといった感じなので、旧版からの買い替え組はその点良く見極めた方がいいかも。

余談だが、厚生年金基金の給付の厚み(プラスアルファ)がいまだに「代行部分の3割」と解説されているのは如何なものか(平成14年4月より「1割」に改正されている)。



社会保険労務士 試験 資格 通信

copyright © 2006 社会保険労務士の試験問題集@社会保険労務士 合格ナビ All Rights Reseved